どんぐり空へ。

画像
今朝3/5の午前3時に、どんぐりが逝きました。

昨年のクリスマス前から風邪にかかり、なかなか治らないままでした。
食事もそれ以来ほぼ取らず、それでも2ヶ月も頑張ってたのです。

先週くらいまでは、痩せたけど歩き鳴きトイレも自分で出来て、小走りしてるくらいでした。
昨日昼過ぎから、一気に弱りそして空へと上がりました。

やんちゃな、陽気な、可愛い猫でした。
拾ってきた日を鮮明に思い出せます。
鳴き声が可愛くて。ずんぐり丸くてね。

るど兄とべん兄の桜の間に埋葬しましたよ。
どんぐり桜は、小さい八重の桜の樹。その下に埋めました。
いつも寝ていたベッドが見える場所。ねぇ、抱っこされて寝るのが大好きだった。

最期も腕まくらで、眠りました。
良かった、一緒に居れて。

いつもこの時期に猫が居なくなる。
それが寂しいな。

今朝は、快晴で朝焼けが綺麗だった。
まだ泣いてるけど、気持ちは整理されてる。
空を見てわかった。
病気で辛かったどんぐり、やっとゆっくり眠れるね。
ありがとうね、どんぐり。
また我が家の猫になって、生まれてきてね。

絶対に、また来てね。待ってるよ。

画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

京都の鳥見人
2013年03月05日 23:51
突然のことでびっくり。寂しいですねぇ。
2月の写真は元気そうだったのに…
どんぐり君は、確か、なおなまさんの昔の愛猫の
生まれ変わりとして空から降ってきたのでは
なかったかな。
2度あることはきっと3度あるでしょう。
るど兄とべんちゃんの間にどんぐり君ですか。
もう早速喧嘩を初めてそうな…
枯れっぺ
2013年03月08日 02:16
ご愁傷様です。
枯れっぺは、どんぐり君が好みだったのですけど・・・、残念です。

この記事へのトラックバック